JavaScript: 文字列の連結は+演算子

説明

JavaScriptで文字列連結する場合は、文字列連結演算子「+」(プラス)を使用します。

文字列 + 文字列

使用例

例を上げると

var str;
str = "Hello " + "World";
console.log(str);

(実行結果)
Hello World

この場合は、変数strに「Hello World」という文字列が代入されます。 2つの文字列を連結するだけでなく、3つ以上も可能です。

var str;
str = "Hello" + "! " + "World";
console.log(str);

(実行結果)
Hello! World

この場合には、3つの文字列を連結した「Hello! World」という文字列が代入されます。

文字列と数値を連結するとどうなる?

「+」(プラス)には加算演算子として数値 + 数値という機能もあります。 では、「文字列」+ 「数値」を行うとどうなるのでしょうか?

var temp;
temp = "100" + 9;
console.log(temp);

(実行結果)
1009

9が文字列として「100」の後に加えられています。

JavaScriptでは良くも悪くも変数の型が自由に使えます。 このため、上記のような書き方は後で混乱する元となりますので注意が必要です。