JavaScript: 連想配列とオブジェクトの違い

JavaScriptでは連想配列のことをオブジェクトといいます。 これには理由があって、 JavaScriptの場合は連想配列に値だけでなく、 関数(処理)をいれる事ができるからです。

値だけしか入っていない場合は、連想配列といっても特に問題はないと思います。 しかし、関数(処理)が入っている場合はオブジェクトといいます。

そこで広い意味でオブジェクトと呼んでいます。 そうすれば値だけの場合でも、関数(処理)が入っている場合でも当てはまります。