JavaScriptとはどんなプログラム言語?

JavaScriptはプログラム言語の1つです。 JavaScriptの主な目的はブラウザを操作することです。 ブラウザを操作するというのは、HTMLやCSSでできないことをする、 ということです。

もともとは上記のようにブラウザの操作が主な目的でしたが、 現在は他の目的でも使われています。 クライアント側では、ネイティブアプリケーションの開発としても使われます。 さらにnode.jsの登場により、サーバーサイドプログラムとしても使われています。

どんどん使用範囲が広くなっている人気言語です。 ですからJavaScriptをマスターしていると、自分の守備範囲が広くなります。

ブラウザを操作するとは

先ほどJavaScriptはブラウザを操作するための言語といいました。 では、ブラウザを操作するとはどういうことでしょうか?

私たちが普段使っているChrome, IE, Firefox, Edge 等のブラウザの仕事は Webページを表示することです。 WebページはHTMLやCSS等を使って表示します。

ここで大事なのはHTMLやCSSは一度表示すると内容を変更できないことです。

変更のないページならHTMLとCSSで十分なのですが、 地図を表示するページやショッピングサイトのページなど、 内容をそのつど変更する必要のあるページもたくさんあります。 内容を変更したい場合にJavaScriptを使います。

HTMLやCSSではできない機能をJavaScriptが担うのです。 ここにJavaScriptの存在の意味があります。

ツール・書籍紹介

まとめ・一覧

基本編

数値

文字列

正規表現

日付・時刻

配列

関数

オブジェクト指向

DOM操作

API

便利な小技集

用語

実践編

関連サイト