JavaScript: switch文 条件分岐

このページではJavaScript条件分岐である switch文について説明します。

通常、条件分岐はif文を使って記述しますが、分岐する数が多い場合は if文ではなくswitch文を使った方が見やすくなります。

書式

switch (条件式){
    case 分岐1:
        処理1;
        break;
    case 分岐2:
        処理2;
        break;
    default:
        処理3;
        break;
}

case句の最後にbreakがあることに注意してください。 breakがない場合は次のcase句に移ります。

関数の中でswitch文を使用する場合はbreakの変わりにreturnを使えます。

コード例

var count = 1;

switch (count) {
    case 0:
        console.log(0);
        break;
    case 1:
        console.log(1);
        break;
    default:
        console.log(count);
        break;
}