JavaScript: 配列の作成

このページではJavaScript配列作成方法について説明します。

配列を作成するには大きく2つに分けられます。

  • 配列リテラルを使う
  • Array()コンストラクタを使う

配列リテラル

まず配列リテラルを使う方法から見ていきます。

// 空の配列を生成
var arr = [];

// 要素が3つの配列を生成(数値)
var arr = [1,2,3];

// 要素が3つの配列を生成(文字列)
var arr = ["a", "b", "c"];

// 要素が4つの配列を生成(数値+文字列の混合)
var arr = [1, 2, "a", "b"];


// 定数ではなく、変数を使った記述
var i = 1;
var arr = [i, i + 1, i + 2];    // arr = [1,2,3]

Array()コンストラクタ

次にArray()コンストラクタを使う方法を見ていきます。


// 引数なし 空の配列を生成 var arr = new Array(); // 配列の長さを指定 // 要素数がわかっている場合はこの方法が便利 var arr = new Array(5); // 要素の値を明示的に指定 // この場合は配列リテラルを使ったほうが簡単 var arr = new Array(3,10, 15);