JavaScript: join() 配列の要素を連結する

このページではJavaScript配列の要素を連結するArray.join()メソッドについて説明します。

Array.join()メソッドは、配列の全要素を文字列に変換して、連結します。そして連結した文字列を返します。

区切り文字は任意の文字に指定できます。指定しなければカンマで区切られます。

下のプログラムは、区切り文字なし、ハイフン、スペース、空文字、改行文字を指定した場合の結果を表示します。

var arr = [1,3,5];

// 区切り文字は ","
console.log(arr.join());      // 1,3,5

// 区切り文字は "-"
console.log(arr.join("-"));   // 1-3-5

// 区切り文字は " "
console.log(arr.join(" "));   // 1 3 5

// 区切り文字は ""
console.log(arr.join(""));    // 135

// 区切り文字は "\n" 改行文字
console.log(arr.join("\n"));  // 結果は下のように表示されます

 1
 2
 3

Array.join()メソッドは、配列の全要素を文字列に連結します。 逆に文字列を分割して配列を作る場合はString.sprit()メソッドを使います。

ツール・書籍紹介

まとめ・一覧

基本編

数値

文字列

正規表現

日付・時刻

配列

関数

オブジェクト指向

DOM操作

API

便利な小技集

用語

実践編

関連サイト