JavaScript: reverse() 配列の要素の順番を逆にする

このページではJavaScript配列の要素の順番を逆にするArray.reverse()メソッドについて説明します。

Array.reverse()メソッドは、配列の要素の順番を逆にしたい時に使用します。 この場合、新しい配列を生成するのではなく、既存の配列を並べ替えます。

下のプログラムではreverse()の前後で配列の順番が入れ替わっています。

var arr = [1,2,3];

console.log(arr);  // Array [ 1, 2, 3 ]

arr.reverse();     // reverse()

console.log(arr);  // Array [ 3, 2, 1 ]

次のプログラムではreverse()メソッドで順番を逆にして、 さらにjoin()メソッドで連結しています。

var arr = [1,2,3];

console.log(arr.reverse().join());  // 3,2,1