JavaScript: while文 ループ文

このページではJavaScriptループ文の1つ、while文について説明します。

while文はくり返し処理(ループ)をしたい場合の制御文の一つです。

書式

while (条件式){
    実行文1;
    実行文2;
    実行文3;
}

実行文が1つしかない場合は中括弧{}が省略できます。

while (条件式)
    実行文1;

条件式がtrueと評価される場合は実行文を実行し、 falseと評価される場合はループを抜け出して、次の実行文に移ります。

条件式がtrueのままの場合は無限ループとなりますので注意が必要です。 通常はカウンタの役目をはたす変数を使い、 カウンタの値によってループを抜け出すような処理を行います。

使用例

下のプログラムではカウンタを用いて、ループを抜け出すようになっています。

var count = 0;

while (count < 5){
    console.log(count);
    count++;
}

// 実行結果
0
1
2
3
4

慣れない時によくやるミスとして、 カウンタを上昇させるcount++の記述をわすれてしまう場合があります。 この場合は無限ループとなりますので注意してください。

ツール・書籍紹介

まとめ・一覧

基本編

数値

文字列

正規表現

日付・時刻

配列

関数

オブジェクト指向

DOM操作

API

便利な小技集

用語

実践編

関連サイト