JavaScript: ラベル文

このページではJavaScriptラベル文について説明します。

JavaScriptにはbreak文やcontinue文といった、 ソースコードの別の場所にジャンプするジャンプ文があります。 ラベル文もジャンプ文の1つです。

但し、ラベル文を使うのはあまりおすすめしません。 いろいろな所にジャンプすると、プログラムがわかりにくくなります。 使うのであれば必要最小限にとどめておきましょう。

書式

ラベル名: 実行文

先頭にラベル名、その後ろにコロン(:)、最後に実行文を記述します。 実行文は複数行でもかまいません。

ラベル名には予約語を除くJavaScriptの有効な識別子が使用できます。 ラベル名の名前空間は変数名や関数名のラベル空間とは異なります。 ですから変数名や関数名と同じ名前がつけられますが、 混乱の原因となりますので別の名前をつけましょう。

使用例

実行文が複数行の例を記述しています。

var i = 0;

myLabel: for(i = 0; i < 3; i++){
    console.log(i);
}

ラベル名と実行文を別の行に記述することもできます。

ラベル名:
実行文

という記述ができます。おそらくこちらのほうが見やすいと思います。

var i = 0;

myLabel: 
for(i = 0; i < 3; i++){
    console.log(i);
}