JavaScript: break文

このページではJavaScriptbreak文について説明します。

break文はループ文やswitch文を終了させる目的で使用します。

初心者がよく混乱するのがbreak文とcontinue文です。 break文とcontinue文の違いをきっちりとおさえておいてください。 break文は終了、continue文は次のループを実行します。

書式

break;

breakの後にラベル名を指定することもできます。その場合は次のとおりです。

break ラベル名;

使用例

次のプログラムは i が3の時にfor文を終了します。


for (var i = 0; i < 5; i++){ console.log(i); if (i == 3) break; }

ループが複数構造になっている場合

for文やwhile文などのループがネストされている場合(入れ子になっている場合)、 break文は最も内側のループを終了します。

switch文の場合も同様です。最も内側のブロックを終了します。

ツール・書籍紹介

まとめ・一覧

基本編

数値

文字列

正規表現

日付・時刻

配列

関数

オブジェクト指向

DOM操作

API

便利な小技集

用語

実践編

関連サイト