JavaScript: return文

このページではJavaScriptのreturn文について説明します。

return文は関数本体の中で使用し、関数呼び出しの値を指定します。 関数本体以外の場所で使用するとエラーとなります。

書式

return 式;

returnと式の間には改行を入れないようにします。

次のように式を指定しなくても構いません。その場合は、呼び出し元に「undefined」が返されます。

return;

使用例

次のプログラムは 2つの引数を足した値を返します。

function plus(a, b){
    return a + b;
}

console.log(plus(2,3));   //  5

次のプログラムはreturnの後に式を指定しないプログラムです。 この場合は「undefined」が返されます。

function undef(){
    return;
}

console.log(undef());   // undefined

ツール・書籍紹介

まとめ・一覧

基本編

数値

文字列

正規表現

日付・時刻

配列

関数

オブジェクト指向

DOM操作

API

便利な小技集

用語

実践編

関連サイト