JavaScript: シングルクォーテーションとダブルクォーテーションの違い

スポンサーリンク

JavaScriptで文字列を表すときに、シングルクォーテーションかダブルクォーテーションを使います。

どちらがいいのかという正解は特にありません。
結論から言うと、個人で作る場合は好きな方・使いやすい方を使い、 会社でプロジェクトの一員としてやっている場合はプロジェクトの方針に従いましょう。

PHPの場合は変数を展開するか、しないかという違いがあるのですが、JavaScriptには違いがありません。

書籍やWebサイトを見ても、人それぞれです。
その人が、他のプログラム言語の経験がある場合、使い慣れている方を使っている場合が多いようです。

GoogleのJavaScriptコーディング規約ではシングルクォーテーションが推奨されています。 理由はHTMLを含む文字列を作成する場合にシングルクォーテーションの方が便利だからです。

初めてのプログラム言語としてJavaScriptを学ぶ方にはシングルクォーテーションをおすすめします。

ツール・書籍紹介

まとめ・一覧

基本編

数値

文字列

正規表現

日付・時刻

配列

関数

オブジェクト指向

DOM操作

API

便利な小技集

用語

実践編

関連サイト