【JavaScript】文字列を数値に変換する

スポンサーリンク

文字列を数値に変換する場合は、Number(),parseInt()、paraseFloat()を使用します。

整数にする場合はparseInt()、浮動小数点数にする場合はparseFloat()、 どちらにも対応しているのがNumber()です。

数値に変換できない文字列の場合は、全て「NaN」が返されます。

次にそれぞれの関数で'1'を変換、'1.5'を変換、'hoge'を変換してみます。

Number()

Number()は整数値、浮動小数点数のどちらにも対応しています。

// '1' を変換
var str = '1';
console.log(typeof(str) + ': ' + str);   // string: 1

var num = Number(str);
console.log(typeof(num) + ': ' + num);   // number: 1

// '1.5' を変換
var str = '1.5';

var num = Number(str);
console.log(typeof(num) + ': ' + num);   // number: 1.5

// 'hoge' を変換
var str = 'hoge';

var num = Number(str);
console.log(typeof(num) + ': ' + num);   // number: NaN

parseInt()

parseInt()は整数値に変換します。小数点以下の部分がある場合は切り捨てられます。

// '1' を変換
var str = '1';

var num = parseInt(str);
console.log(typeof(num) + ': ' + num);   // number: 1

// '1.5' を変換
var str = '1.5';

var num = parseInt(str);
console.log(typeof(num) + ': ' + num);   // number: 1

// 'hoge' を変換
var str = 'hoge';

var num = parseInt(str);
console.log(typeof(num) + ': ' + num);   // number: NaN

parseFloat()

parseFloat()は浮動小数点数に変換します。

// '1' を変換
var str = '1';

var num = parseFloat(str);
console.log(typeof(num) + ': ' + num);   // number: 1

// '1.5' を変換
var str = '1.5';

var num = parseFloat(str);
console.log(typeof(num) + ': ' + num);   // number: 1.5

// 'hoge' を変換
var str = 'hoge';

var num = parseFloat(str);
console.log(typeof(num) + ': ' + num);   // number: NaN

ツール・書籍紹介

まとめ・一覧

基本編

数値

文字列

正規表現

日付・時刻

配列

関数

オブジェクト指向

DOM操作

API

便利な小技集

用語

実践編

関連サイト