クラスを定義する

スポンサーリンク

JavaScriptでクラスを定義する場合は、関数を使用します。
関数はfunction文と無名関数のどちらでも使用できます。 まずクラスを定義する上での注意点を見た後に、function文と無名関数でクラスを定義してみます。

クラスを定義する上での注意点

JavaScriptでクラスを定義する場合は次の点に注意してください。
  • 名前の先頭は大文字にする
  • プロパティは「this.プロパティ名」
  • メソッドは関数型のプロパティ
  • 戻り値は不要
  • インスタンスを生成する時はnew演算子を使う

ではさっそくクラスを定義してみます。 ここではシンプルに次のようなクラスを定義します。


クラス名  : Card
プロパティ: number
メソッド  : getNumber()

function文を使う場合

function文でクラスを定義する場合は次のようになります。


function Card(num){
    this.number = num;
    this.getNumber = function(){
        return this.number;
    };
}

var c = new Card(5);
console.log(c.getNumber());  // 5

無名関数を使う場合

無名関数でクラスを定義する場合は次のようになります。


var Card = function(num){
    this.number = num;
    this.getNumber = function(){
        return this.number;
    };
};

var c = new Card(5);
console.log(c.getNumber());  // 5

どちらの方法で定義しても、インスタンスを作成する場合はnew演算子を使用します。

ツール・書籍紹介

まとめ・一覧

基本編

数値

文字列

正規表現

日付・時刻

配列

関数

オブジェクト指向

DOM操作

API

便利な小技集

用語

実践編

関連サイト