substring() 文字列の一部を取得(範囲を指定)

スポンサーリンク

文字列の一部を取得したい場合、substring()メソッドやsubstr()メソッドがあります。 substring()メソッドは、取得したい範囲を指定する場合に使用します。

例えば、「2文字目から4文字目までを取得したい」という時にsubstring()を使います。

範囲ではなく、文字数を指定した場合、例えば「先頭から3文字を取得する」時は substr()を使います。

書式


str.substring(開始位置, 終了位置)

開始位置については、先頭が0となります。

終了位置については少し注意が必要です。 例えばsubstring(0, 2)とした場合、「0番目、1番目、2番目」を取得するのではなく、 「0番目、1番目」を取得します。 指定した終了位置よりも1つ手前までを取得します。(先頭を0として考えた場合)

substrign(1,2)とした場合は「1番目、2番目」ではなく、「1番目」のみを取得します。

下のコード例で確認してください

コード例


var str = 'abcdefg';

// 以下は先頭を0として考えた場合

// 0文字目から(2-1)文字目まで
console.log(str.substring(0, 2));  // ab

// 1文字目から(2-1)文字目まで
console.log(str.substring(1, 2));  // b

// 2文字目から(5-1)文字目まで
console.log(str.substring(2, 5));  // cde

ツール・書籍紹介

まとめ・一覧

基本編

数値

文字列

正規表現

日付・時刻

配列

関数

オブジェクト指向

DOM操作

API

便利な小技集

用語

実践編

関連サイト