文字列を置換する

スポンサーリンク

文字列を置換する場合はrepalce()メソッドを使います。
正規表現を使用することでさまざまな文字列置換ができます。 Stringオブジェクトのメソッドの中でも使用頻度の高いメソッドです。

書式


str.replace(置換対象の文字列, 置換後の文字列)

第一引数の「置換対象の文字列」には通常の文字列や正規表現を記述します。

コード例


// 'a' を 'z'に置換する(最初の1つだけ)
str = str.replace('a', 'z');

// すべての'a'を'z'に置換する
str = str.replace(/a/g, 'z');

// すべての改行を削除する
str = str.replace(/\r?\n/g, '');

すべての改行を削除する場合の正規表現を、 なぜこのように記述するのか知りたい方は次の記事を参考にしてください。
参考記事: 改行をすべて削除する

サンプル

第一引数の「置換対象の文字列」が通常の文字列の場合と、 正規表現の場合の違いを見てみます。

ここでは'abc abc'という文字列の'a'を'z'に置換します。


var str = 'abc abc';
// 通常の文字列
str = str.replace('a', 'z');
console.log(str);  // zbc abc

var str = 'abc abc';
// 正規表現 gオプション
str = str.replace(/a/g, 'z');
console.log(str);  // zbc zbc

1つめの置換は最初の'a'しか置換されていません。ですから表示結果が'zbc abc'となります。 一方、2つめの置換はすべての'a'が置換されて'zbc zbc'となっています。 正規表現にgオプションをつけることで全ての'a'を置換することができます。

ツール・書籍紹介

まとめ・一覧

基本編

数値

文字列

正規表現

日付・時刻

配列

関数

オブジェクト指向

DOM操作

API

便利な小技集

用語

実践編

関連サイト