日付や時刻をまとめて指定する

スポンサーリンク

日付・時刻をまとめて指定・設定するにはDateコンストラクタの引数に、 指定したい年月日、時刻を渡します。

次のサンプルコードで確認してください。

コード例


// 現在日時
var d1 = new Date();

var d2 = new Date('2017/06/09');

var d3 = new Date('2017/01/02 16:15:08');

var d4 = new Date('2017/1/2 1:2:5');

// 月の指定に注意(0 - 11)
var d5 = new Date(2017, 3, 4, 17, 2, 15);

console.log(d1.toLocaleString()); // 2017/7/26 5:54:53

console.log(d2.toLocaleString()); // 2017/6/9 0:00:00

console.log(d3.toLocaleString()); // 2017/1/2 16:15:08

console.log(d4.toLocaleString()); // 2017/1/2 1:02:05

console.log(d5.toLocaleString()); // 2017/4/4 17:02:15

d1は現在日時になります。

d2は年・月・日のみを指定しています。その結果時間は「0:00:00」となっています。

d3は日付と時刻をそれぞれ指定しています。

d4は一桁の数値を'01'でななく、'1'と一桁で指定しています。 一桁形式でも、二桁形式でもどちらの形式でも認識されます。

d5はクォーテーションで囲まずに、数値をカンマ区切りで指定しています。この場合は月の指定に注意してください。 「0-11」の範囲で指定します。「3」と指定した場合は「4」月となります。 間違って「12」と指定した場合は「翌年の1月」となります。

ツール・書籍紹介

まとめ・一覧

基本編

数値

文字列

正規表現

日付・時刻

配列

関数

オブジェクト指向

DOM操作

API

便利な小技集

用語

実践編

関連サイト