console.log()はカンマ区切りで指定もできる

スポンサーリンク

JavaScriptの開発時・デバッグ時に重宝するconsole.log()機能ですが、 ちょっとした小技があるので紹介します。

console.log()は次のように、変数の値を表示します。


var a = 5;
console.log(a);  // 5

複数の変数の値を同時に表示させたい場合は、通常次のように記述している人が多いと思います。


var a = 5;
var b = 8;
console.log(a + ' ' + b);  // 5 8

このように通常は + をつかって表示させていると思います。

次は + を使わずに、変数をカンマ区切りで指定してみます。

var a = 5;
var b = 8;
console.log(a, b);  // 5 8

先ほどと同じように2つの変数の値がスペース区切りで表示されています。

つまり、console.log()は変数をカンマ区切りで指定すると、自動的にスペース区切りで表示してくれます。

3つ指定しても同じようにスペース区切りで表示してくれます。

var a = 5;
var b = 8;
var c = 0;
console.log(a, b, c);  // 5 8 0

このカンマ区切りで変数を指定する方法だと、わざわざ + を使う必要がなく、 console.log()の括弧の中がシンプルに記述できます。

以上、知っておくと便利な小技でした。

ツール・書籍紹介

まとめ・一覧

基本編

数値

文字列

正規表現

日付・時刻

配列

関数

オブジェクト指向

DOM操作

API

便利な小技集

用語

実践編

関連サイト